×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



天童市 リンク集

天童市(てんどうし)は、山形県東部にある人口約6万4千人の市。将棋駒と温泉のまちとして知られるが、近年は山形市のベッドタウンとして発展している。

市のほぼ中心部を、南北にJRと国道13号が走る。市街地はそれらの交通の動脈の間にある。また市域中部の国道13号より仙台方面へ向かう国道48号が分岐し、市東部から関山峠を経由して宮城県へ至る。さらに、山形自動車道、山形空港なども近く交通の便に恵まれている。 中心市街地のやや南部に舞鶴山があり市域を南北に分けている。舞鶴山は天童城の城址でもあり、山頂では毎年4月下旬にプロ棋士が人間が扮する駒で将棋を指す人間将棋が行われている。また舞鶴山周辺には佐藤千夜子記念館など歴史的な建造物が残る。将棋駒の産地らしく、市内の至る所に将棋のモニュメントがあり、市街地に流れる倉津川にかかる橋には、王将橋、金将橋などそれぞれ将棋の駒の名前がついている。天童駅から徒歩10分程度に天童温泉街がある。 県内有数の名刹山寺に近いこともあり、また山形県域の中央部に近い位置により、山形県観光の拠点とされることも多く、元来は温泉街を中核とした観光都市の性格が強かったが、近年は宅地化が進み、山形市の北のベッドタウンとして機能し山形都市圏の一翼を担い、人口増加の基調を維持している。国道48号による仙台市への交通利便性から、仙台都市圏からの観光客が多い反面、天童市からの仙台都市圏・山形市域への依存も大きい。また、北隣の東根都市圏との繋がりも深い。山形市による合併協議においても上山市が参加したのに対し天童市は不参加であった。ただし、郊外型店舗の出店も手伝い、天童駅前から温泉街に至る中心市街地は緩やかな空洞化の状態にある。

* モンテディオ山形(サッカー、Jリーグ1部)のホームタウンのひとつである。また、同クラブチームがホームスタジアムに利用している山形県総合運動公園(NDソフトスタジアム山形)が所在する。 * パイオニアレッドウィングス(女子バレーボール、Vリーグ)のホームタウンである。 * 東北楽天ゴールデンイーグルス2軍(野球)のホームタウンのひとつである。天童市内でも試合が行われる。 * 刀語 第9話が将棋駒が云々と書かれているため、天童市が舞台となっている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 天童市 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4